プロフィール

ゆうボノボンズ

Author:ゆうボノボンズ
ROCK’N ROLL BAND “ザ・ボノボンズ”の太鼓叩き。

笑顔でHAPPYに人生を過ごすべく、毎日に笑顔材料を探してま~す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かよわい中

3週間前に身体が火照って関節痛くなって、『やっぱり私若年性更年期障害かも…』って思ってました。

したら、その後鼻水が出始めて、しばらくしたら鼻の奥が激痛。

しかも、朝は眩暈もあり。

耐えられず耳鼻科で診察。

膿を取ってもらって治療してる最中に、先生から甲状腺が大きすぎるとの指摘で検査。

咳止めと膿の薬と風邪薬もらって会社へ。

その後は咳がドンドン酷くなって、何故かクラクラも結構あって、会社を休んだり早退したり…。

で、5日後、耳鼻科での甲状腺の結果は、一つだけ基準値オーバーの数字があったのと、やはり甲状腺大きすぎるって事で専門の病院を紹介され、その足で表参道の伊藤病院に向かいました。

伊藤病院は甲状腺で有名な病院。
古くからある病院みたいだけど、設備が最新!

初心は窓口での受付だけど、二回目以降は自動受付機での受付。

受付後は喫茶店に行ってボケーっとしていても、受付の紙のQRコードを読み込んで自分のIDを入れれば、待ってる人数を確認したり出来ちゃう。

診察は初心専用の診察室で女医さんによる問診でした。

右側におっきめのシコリ。
左側は小さめ。

血液検査とエコーを撮って終了。

お会計は自動の会計機。
すごいなぁ…。

そんなんが一週間前。

その後も咳は全く止まらず、火曜日はまた耳鼻科へ。

温度差のアレルギーといわれ、薬を変えてもらいました。

人生初の喘息の薬が出ちゃいました。

ただ、内科でも見てもらってと言われて、またその足で内科へ。

レントゲンは異常なし。
診断は『咳喘息』。

耳鼻科でもらった薬で問題無いから、とりあえず飲み終わるまで様子を見てみてっとの事でした。

しかし、現時点でも、咳は…出まくりですね。

咳が酷いのは、夜間と寝起き。
苦しくて、布団に入ると地獄ですね…。

寝れない日々が続いてしまいます。

昼間寝ればいいんだけど、夜寝れないのが怖くて、昼前はひたすら眠気と戦います。

一昨日は起きたら目ヤニがギッシリで、何故か今も軽く目が充血。

もう次から次に笑える位何か症状が出ますわ。

木曜日の夜は、次の日の病院に緊張したのか嘔吐笑

どんだけ心弱いんだ(ーー;)


で、昨日は待ちに待った検査結果。

なにも無ければ安心して治るかも~って期待を胸に診察室を開けました。


ところが、入ってすぐ荷物を置く前に、院長先生の残念そうな声。

『清水さん…、これはやっぱり腫瘍ですね』と。

ガーン。
ガーン。
ガーン。


先生の残念そうな声で、冷静装いながらも悲しくなっちゃって、大きさ聞くの忘れた上にエコーを確認するのも忘れましたよ。

で、この日はCTを撮って、来週の金曜日に細胞診という検査で、結果は再来週です。

細胞診も初体験。
首にハリを刺して、細胞を取って、良性か悪性かを確認するみたい。

なんか、長いなぁ…。

診察終わって会社に行ったけれど、咳こみまくりで17時に早退。

完全に仕事についていけなくなってるm(_ _)m

昼間はあまり咳こまないんだけど、暑いと咳が出てしまって、咳が出ると汗をかいて余計に咳こむので、会社に行くと昼間でも咳が酷い。

困りますなぁ。

来週は火曜日に耳鼻科、木曜日は婦人科(性病じゃないっす笑)、金曜日は伊藤病院。

どんだけかよわいんだっ、私ってば。

体調悪いとお金はかかるし、お酒は飲めんし、いい事なしっ!

体調管理はきちんとしましょう。

とりあえず、うちの家系で癌は、じいちゃんの骨肉腫と母親の大腸癌のみ。

癌家系って訳ではないでしょう。


いろんな人生初があって得したぜぃって思って、なんもない事祈って、気楽に過ごそっ☆

とりあえず、咳が治ったら、お酒を浴びるほど飲みた~い(。-_-。)
スポンサーサイト

次へ

非公開コメント

次へ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【かよわい中】

3週間前に身体が火照って関節痛くなって、『やっぱり私若年性更年期障害かも…』って思ってました。したら、その後鼻水が出始めて、しばらくしたら鼻の奥が激痛。しかも、朝は眩暈
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。